ときどきメモ

Instagram

2/23金曜日
自分用にカスタマイズしたGUIDIの革が届きました。
どんなふうになるか心配だったけれど、惚れ惚れする革に
仕上げってました。
担当のYさんに感謝です。
今まで、これだ!という素材になかなか巡り合えなくて
ガッカリの連続だったので、
今日は寒い雨で暗い一日でしたが、
気持ちはハレバレでした。



2/22木曜日
オッといけないもう2月も下旬!と慌てて
お雛様を出しました。
何度もInstagramにアップしているので
今年はやめておきますが、いつ見ても好きなお雛様です。
数年前までは、娘の誕生時に母が買ってくれた奈良一刀彫の
段飾りのほうが好きでしたが、このごろは40数年前に
やはり母が、わたしの結婚祝いに買ってくれた立ち雛を
再認識しています。
こんな いいお顔の一刀彫のお雛様は無いかも…と
しみじみ愛でています。
娘が自分の段飾り雛を自分の家に飾ればいいのにと思うけれど
「そっちで飾っていて」と言います。
娘は、このお雛様の良さをわたしほどには
感じていないことが 少々さみしいです。



2/21水曜日
それでなくても不足している建築資材と建築関連の人材。
多くの資材と人材が、能登の復興のために一刻も早く必要だから
どうでもいい万博は延期か中止になると希望を持っていたけれど、
呆れることに、まだ そんな空気になっていない。
今朝の朝刊に、万博終了後に取り壊す予定のトイレ一棟に
2億円かけるとありました。それが8個。
壊すトイレに2億円・・・能登の災害がたとえ無くても
とんでもない!と思うのに!!
今朝の新聞でもっと頭がカッカしたのは、
石川県知事が、「万博推し!」を明らかにしていたこと。
能登の激しい崩壊を見たら、まずは能登の復興を願い
政治家として しゃにむに働くのが能登管轄の知事というもの。
この馳知事は腰掛け知事なんだろうな。
家族で石川県に住んでいる訳ではないことでも
その 腰掛け度が分かります。
石川県民ではないけど「こんな知事辞めろー!」と叫びたい。



2/20火曜日
案外早く枯れてしまったユキヤナギを新聞紙にくるんで
ゴミ箱に。
夕方、駅とは逆方向の花屋さんへ。
東海桜という名の桜を買い、ミモザを買ったら
ダリアを2本オマケしてくれました。
「オマケ」+「いつもありがとうございます」の言葉
があると、ちょっと遠くてもこの花屋さんで
買いたくなります。
以前、違う近所の花屋さんで「この花全部買ったら
少しオマケしてくれる?」と聞いたら
「ウチそういうのやっていません」と怖い顔で
ぴしゃりと言われたことがあります。
もうちょっと優しく言ってくれたら よさそうなものを
…気持ちの中で ブツブツ。
以後その店であまり買わなくなってしまいました。



2/18日曜日
窓辺に持っていったり、定位置のトイレの棚に置いたり
しながら育てたヒヤシンスが満開です。
ムッとするような春の香りがします。
今回の子は双子だったので2度楽しめます。
来年は2株育てようと思います。

考えたくないほど酷い政治。日本が
日本人でない人に乗っ取られている。
いつ一揆が起きてもおかしくないレベル。



2/17土曜日
今日は、体メンテナンスで井の頭沿線の鍼灸院に行って、
いったん家に帰り、歯をしっかり磨いて歯科医院へ。
体には癖があってどうしてもバランスが崩れている。
そこを定期的に鍼灸院で調整してもらいます。そして
いつまでも自分の歯で過ごすために予防歯科に
通っています。
どちらも良い先生に出会えたことが幸運です。
夜は娘夫婦がやってきて、また先週と同じような
鍋の夕食。
無口な夫とは、おしゃべりを楽しむような毎日では
ないので、二人が来てくれるのが ありがたいです。



2/16金曜日
朝ドラ「ブギウギ」は朝の体操タイムとして
必ず見るようにしています。
(そうでもしないとすぐサボってしまうので)
今日は「ジャングルブギ」誕生のエピソードでした。
あの時代らしからぬ「ジャングルブギ」の歌詞が
映画「酔いどれ天使」の挿入歌にするために、先に
黒澤明が作詞して服部良一に渡してあったものと
朝ドラを見たあと、夫が教えてくれました。
それなら、今晩の一本は「酔いどれ天使」の一択!!
人生2度目の「酔いどれ天使」です。
終盤の展開、床にこぼれた大量のペンキで、
身動きままならぬ2人の殺し合いの場面は
黒澤監督が「女殺油地獄」からヒントを得たと
前回観た後で知りました。2度目の今回は
そこを特にジーックリ堪能しました。
まだ映画俳優になって数本目の三船敏郎の
破滅に向かうヤクザ役がピッカピカでした。



2/15木曜日
COUPEでオーダーした靴は革底なので滑り止めの
ゴムを貼ってもらいました。それでも踵の部分は
半分ゴムで半分革という仕上げでした。
そのほうが高級感はあるのだけれど、
スリップするのが何しろ怖い。
もったいないけど、かかとの部分を撤去して
登山靴のようなグリップの良い踵に取り換えてもらいました。
そんなことするくらいなら、スニーカーにすれば良いような
ものだけれど、ちょっと出かけるときは革靴が好き。
足トラブルで革靴が履けなくなるまで頑張ろうと思います。
理想は履き心地スニーカーの革靴かな。



2/14水曜日
今日実家へ行ったら、母が
「そろそろバレンタインデイかしら」なんて言うので
「今日よ」と言ったら
「あら大変、あげるの忘れちゃった」と
いくつものチョコを出してきました。
買いに行けないから 東都生協で届けてもらったチョコレート。
夫とTちゃん用に2個をくれました。
あと残りの3個は誰に上げるつもりだったのか。
わたしと違って、いつまで経っても気を遣う
老人です。
今日もまた、心から楽しんだ映画「七人の侍」のことを
母に とうとうとしゃべりました。
母は、他の誰よりも、わたしの話を楽し気に聞いてくれます。



2/12月曜日
観たと言っても途中からだったし、こま切れだったし、
の先日のNHK「七人の侍」。
どうしても ちゃんと丸ごと観たくてプライムビデオで
昨晩半分、本日半分 キッチリ観ました。
人生3回目の七人の侍。
通行人で仲代達也を発見したり、
飽き飽きする場面なんて一つも無いすごい映画です。
午前10時の映画祭でもう一度掛けてくれないかなと願います。



2/11日曜日
昨晩は娘夫婦と鍋の夕飯でした。
冬は、鍋物という手抜きができるのでホント楽です。
「明日は11日で縁起の悪い数字の日だから
出掛けないでね」なんて言いながら帰っていきました。
今日は立憲の原口議員の動画を聞きながら作業。
前々から、レプリコンの注射を危惧していました。
自己増殖型のとんでもない注射。
こんなものを打ってしまう人が増えたら
どんな将来が来るのだろうか・・・と。
原口さんが 政治家としては 本当に珍しく
このレプリコンのとんでもない作用について
熱く語っていらっしゃった。
多くの人にレプリコンの恐ろしさを知っていただきたいです。



2/9金曜日
去年の秋から通っている漢方医院に行きました。
担当のお医者さんが、わたしの脈を診て、舌を診て、
お腹のあちこちを押して診て診断をしてくださる。
こういうタイプのお医者さんが好きなのです。
あともう一歩の過敏性腸症候群です。
子供の時から何かというとお腹に来る体質が悩ましい。
駅ビルで、実家用に夕飯用のお弁当と
美味しそうなパンを買い、
COUPEという靴屋さんにオーダーしてあった靴を
受け取りに行ってから、実家へ回りました。
お灸をしながらまた長々とおしゃべり。
夫があまりおしゃべりの相手になってくれないので
母はおしゃべりの相手として尊い存在です
帰ってからの夕飯はほうれん草と豚肉の常夜鍋。
個人的はこの鍋が好みです。



2/8木曜日
数年前までは、浅草に材料を買い出しに出ると
あちこち寄り道をしていました。
下町界隈はもちろん、浅草から東京駅八重洲口行きの
バスが頻繁に来ているので、丸の内に遊びに出たりして。
でも、この頃はあまり寄り道をしなくなりましたねぇ。
体力の低下も確かにあると思う。
それ以外に、このごろは恐怖心が大きくなりまして、
上京の折は、地震その他の突発アクシデントで
帰れないことを想定して、荷物が多いのです。
水、ちょっとした食料、ホカロン、ライトダウンベスト
レスキューシート、簡易トイレ、手ぬぐい、アルコール
ホイッスル、軽量の傘とかとか、
これらが結構な荷物なのです。
買った金具やファスナーがプラスされるとずっしり重くて
電車が混まない内に帰りたくなる。
こんな風に用心深くなったのも、やっぱり年ですか・・・。



2/7水曜日
本日は予約してある革屋さんにGUIDIの革を見に行き、
ついでに金具屋さんとファスナー屋さんに寄るために
浅草へ。
値上がりしないうちに と思ったら、
ここでドッサリ!2度目の値上げしていました。
値上げしていても構わず買うさ!と
鼻息を荒くしつつ、青ざめつつ、、。
担当者がおしゃれな人で、こちらの気分をストレートに
分かってくれているので、そのあたりも、
買う甲斐があるというものです。
帰りに寄った金具屋さんもファスナー屋さんも
お客さんがそこそこ居るのに、こまごま要求をする
お客(わたし)にも親切でやさしい。
台東区の商店で、いつも感じるのは人情味。
好きだなぁ台東区。



2/6火曜日
ちょっと雪かきをしたけれど、転倒が怖くて
すぐ家の中へ。以後 外へ出ず。
食事は家にあるもので済ませました。
経済的です。
昨日ニュースで知った前橋と京都の市長選挙。
自民王国の群馬で野党推薦の市長が誕生したことは
快挙!女性でもあるし!うれしかった。
群馬の市民でも 自民の政治に呆れている。
それに引き換え京都が残念。
何が残念て、自民 公明の推薦の候補が当選という
ことも 残念なんだけど、それ以上に
立民が自民・公明 推薦候補の側について応援していたこと。
何やっているんだろ泉さん。
連合の芳野会長が怖くて共産と一緒になれない。
今、立民は共産、令和、社民と協力し合って
自民の政治を倒す千載一遇のチャンスなのに。
ほんと!何やっているんだろ泉さん。
どこを見ているんだろ泉さん。
腹が立ってくる。



2/5月曜日
どうぞ天気予報が当たりませんように・・・と
願ったけれど、ピタリ、予報は当たってしまいました。
今日は初めてのお客様 お二人がお見えになる日。
午後一時、お見えになるころにはもう降り始めていて、
お帰りになるころには車道の轍も雪でおおわれているほどでした。
まだ企画が通ったわけではないから
ボツになる可能性もあるけれど、本のお話があり
その初めての打ち合わせでした。
私自身にその価値があるのだろうかと思うばかり
恐縮しっぱなしでした。
それでも、バリバリお仕事をしているかたとの
おしゃべりは実に楽しいです。



2/4日曜日
昨日は節分。
午前中、角上魚類に行って太巻き用の材料を買い
夜は遊びに来た娘夫婦と恵方を向いて 自家製太巻きの
マルカブリ。こんなこと、昔はしていなかった。
ちょっと軽めのイベントとして、
マッ いいか!と思っています。
夜10時ごろ二人が帰った後は、黒澤明の「七人の侍」です。
午後9時からNHKが放映してくれていた。
最初の1時間は見られなかったし、11時半ごろには
短めのお風呂にも入ったから、ちゃんと鑑賞したわけではないけれど、
黒澤映画は、やっぱり最高に面白い。
昭和29年の作でこの迫力、このリアリティ。
3時間半の大作。見終わったのは12時半でした。

夕方実家へ行き母にお灸をしながら、昨日の七人の侍の話をしたら、
わたしが口を開く前に、「志村喬が良かったわよねぇ」と母。
昨日、惚れ惚れと志村喬を観ていたので母のひとことが嬉しかった。
共感できるって幸せです。
久蔵役の宮口精二も良かった。三船敏郎はもちろんのこと。



2/2金曜日
ストレスを和らげるホルモン、オキシトシンがお灸で
出るようになると、高橋徳とおっしゃるお医者さんが
言っていたのでやってみました。
ツボは手に在る「合谷」と、足の「三里」。
ここなら簡単、わたしにでも分かるツボです。



2/1木曜日

あっという間に2月が始まりました。
何が起こるか 分からないので 早めに作っておきたい
個展用のバッグ。
考えてみると、いつも焦っています。
前回の個展も前々回も前々前回の個展の時も
焦っていました。
ズ~ッとそんな気持ちで過ごしているので
自分の中の土壌を豊かにするために、肥料をまいたり
スキやクワでホックリ返して 土を柔らかくしたりの
とっても大切な作業をぜ~んぜんやってないのですねぇ…。
アート的な強いインパクトを放つ何かを肌で感じて
感動したい!
「わぁ!いい」「わぁ!すごい」を体験したい。
その体験をするためには、行動ですね。
動かないと出会えないのですねぇ。
イカンイカンと思っています。




















2024/01
2023/12
2023/11
2023/10
2023/09
2023/08
2023/07
2023/06
2023/05
2023/04
2023/03
2023/02
2023/01
2022/12
2022/11