ときどきメモ

Instagram

4/12金曜日
個展前の追い込みの最中なのに、
気学の「本年は南の方位が運気をよくする」を信じ、
我が家からの真南の方位にある八丈島に夫と
一泊で行ってまいりました。
旅行は、母のことがあるので 行けるか 行けないかは
「運」次第。お天気などは二の次です。
運のよいことに、前日はひどい雨だったのに
行った日2日間はいいお天気。
ついてました。
この旅行のこと、弟には伝えたけれど、母には、
余計な心配をするので内緒でした。
今朝、母から電話があって、弟が下痢をしているので
来てもらいたいと。
「わ~~!おととい 昨日にこの電話があったら
中止だったぁ」とこのスレスレの運の良さに
神様に感謝しました。
実家に行ったら、弟は「なんだ来なくよかったのに」
とソコソコ元気でした。
昨日のお刺身が良くなかったらしい。
時間をだいぶロスしてしまったから
明日からはネジリハチマキです。



4/9火曜日
桜の季節は、雨や風が無く穏やか~に
過ぎてほしいもの。
今日はまた 殊更にひどい風雨でした。
だいぶ散ってしまったでしょうねぇ。
今日中に仕上げたいバッグがあったけど
結局 仕上がらず、夕飯の支度に取り掛かりました。
いついつまでにコレを仕上げ・・・という目標は
たいがい延びてしまいます。



4/8月曜日
春爛漫。
足元の雑草も一斉に花をつけています。
昔は 娘を連れて浅川の土手に花を摘みに
よく出掛けました。
野草の花は小さいけれど素敵なんです。
小さかった娘は、よくわたしの真似をして、
花を摘み、小さなブーケにして、
ハイ!とプレゼントしてくれました。
暖かい手でぎゅっと握っていたので
たいてい蒸れてしおれていましたが・・。
今日、道端の草を見てそんなことを思い出し
胸がキュンでした。



4/7日曜日
今日は久しぶりによく晴れて、運のいいことに
桜が満開。
夫に小金井公園に行かないかと誘われたけど
追い込みで時間が無かったから近所でのお花見で
済ませました。
同級生ランチ会の友達たちは、それぞれに
きれいな桜の写真をlineにアップしていました。

先週から始まった朝ドラ。
自立した女性のお話が楽しみです。
背景やセットにかなり見ごたえがあります。
さすがNHKです。
ただ、NHKのニュース系はどうもいけません。
政府に都合の悪いことは全然伝えてくれません。



4/5金曜日
近くの国 台湾にも大きな地震が起きて
いつ何時 見舞われるか分からないと思うと、
とても怖い。
我が国の災害に対していつも親切な国 台湾に
少しばかりだけれど気持ちを表さなきゃなぁと
思っています。
今日、本当に驚いたのはニュースで見た
台湾の避難所の映像。
なんと整然とした避難所だったことか!
テントの様なパーティションで整然と区切られ
中に腰掛があり、避難所なのにエアコン完備なのだとか。
能登の地震で最近まで見ていた、布団が雑然と置かれた
プライバシーの無い、何十年も変わらない日本の
避難所の様子との大きな差!
衝撃でした。
ここまで日本は立ち遅れているのですねぇ。
政治を変えたいです。



4/4木曜日
コロナ騒ぎが始まって、遠のいていた図書館でした。
いつの間に、「ウイルス怖い」が薄らいで
このごろは本を借りてます。
平日は午後7時までやっているから、今週は
今日で2度目。
家から図書館が近いのはありがたい。
わが町の図書館行政はなかなかいいのです。
ただコロナ前と同じで、図書館の本は
食卓では読まない、触った後は手を洗う、
は励行しています。



4/3水曜日
今月の個展の初日が終わったら陸路で
のんびり帰ろうと思っています。
3泊目のホテルはこの辺りかなと検索したら
「トコジラミ」の文字。
調べたら「トコジラミ ホテル」というサイトがあり
そのホテルもしっかり載っていました。
まさか殺虫してあるとは思うけれど
悩むところです。
このホテル、ちゃんとしたホテルです。
実は昔 友人と楽しんだ木曽路の古い宿で
リュックに着けてもらってきたことがありました、
トコジラミ。
帰った晩に刺された。
痒みは「蚊」どころではありません。
刺された所を一目見た父が「これは南京虫だ」と断定。
その日のうちに自分の部屋にバルサンを焚いて
駆除したけれど、ひと騒動でした。
あんな思いはもうたくさん。
ホテルをいちいち疑わなければならない時代に
なってしまったか・・・。



4/2火曜日
裏金だとか大谷選手の通訳のこととか紅麹のこととか
のニュースの陰で、全く知らなかったら、
この4月、岸田さんはNTTを手土産にアメリカに行くらしい。
40兆円を5兆円で。
これを防衛費に回すらしい。
通信が駄々洩れで防衛は出来ない。
どれだけ売国奴なんだろう。
馬鹿にされているんだろう。
郵政もそう、年金もそう大切なものがみんな
アメリカの手の内になってしまう。
マスコミも肝心なことを全く知らせてくれない。
























2024/03
2024/02
2024/01
2023/12
2023/11
2023/10
2023/09
2023/08
2023/07
2023/06
2023/05
2023/04
2023/03
2023/02