ときどきメモ

7/23月曜日
暑さが普通でない。
昨日、娘の部屋のエアコンが壊れました。
新しいエアコンは8月2日にならないと設置されません。
娘は一挙に被災者になりました。
暑くても何かしら部屋に生花か枝モノの緑が欲しいと思うけど
この季節は途絶えがち。
非常に持ちが悪いのです。
少し前からモンステラの大きな葉(切ったもの)を飾っています。
この葉のすごいところは、素晴らしく「持ち」がいいところ。
しかし、まだ7月23日なんですねぇ。
この暑さは激甚災害と言えるのでは・・・。



7/21土曜日
人を堕落させることはあっても向上させることはないカジノ法案が
通過してしまいました。
最悪な国会でした。
カジノ法案も恐ろしいですが、
もっと恐ろしく感じるのは種子法とか水道民営化。
農家は種子を「毎年」モンサント他の外国企業から
買わないといけなくなってしまった。
もちろん遺伝子組み換え種子も普通に入ってきてしまう。
ヨーロッパやロシアはモンサント遺伝子組み換えを国として排除している。
お人好し日本が‘食い物‘にされた。
数十年後、日本人は奇妙な病気だらけになる気がします。
水道は数年後値上がりし、フッ素なんかも入れ込まれるのでしょうか・・・。

今日は美容院の日でした。暑かった。
暑くても、いつも混んでいる美容院です。
先日買ったしょうぶ学園のイラストTシャツを着ていきました。
普段、服装にはノーコメントの担当のNさんが珍しく興味をもってくださった。
ナイーブアートについて興味をお持ちで、ヘンリーダーガーのお話をしたり、
昔 わたしが見たナイーブアートの映画(まひるのほし)にも興味を持って下さったり。
ちょっと親近感湧きました。
あっ!ヘアカットですが、
我がヘアスタイル史上最も短い前髪です。
Nさんは思い切りがすごい。




7/20金曜日
ここ数年は一年の前半と後半に個展をさせていただくことが
多いです。
後半の個展の作り込みは夏が勝負です。
ペースは落ちがちだけど、淡々と黙々とを心掛けます。
一つ終わると次、もひとつ終わると次。
モノを作るという作業は成果が目に見えるので
それが救いです。



7/19木曜日
スナップ写真一枚だけの掲載なのに雑誌社が今月初旬
雑誌を送ってくださいました。
今日になってゆっくりページをめくったら、
西村玲子さんのイラストとエッセイの連載がありました。
イラストに「Cy Twomblyの作品集。美しいです。」という文とともに
本のイラストがありました。
Cy Twomblyの本!確か持ってる!と本棚を探したら
まさしく同じ本が在った!!
気に入って買った時はよく観たけれど、すっかり忘れていました。
ひさびさに眺めたら新鮮。好みにドンピシャ。
こういうのも 何かのご縁ですね。





7/18水曜日
今日実家に行ったら母が早速聞いてきました。
「暑いわねぇ。この暑さも陰謀?」。
「もしかして気象兵器かもしれないわよ」と答えたら
疑いの「へぇ!」でした。
LINEを楽しんでいる母だけれど、
スタンプの使い方がヘタで、
地べたに四つん這いに突っ伏して泣いている人のスタンプが
送られてきたのでドキッとしたらスタンプと内容は
無関係でした。
仕事中の夫に変なメールを送ってしまったり、
苦笑い事件多々です。
ただ、高齢なのでLINE出来る相手はごくわずかです。




7/17火曜日
異様な暑さです。
この暑さの中、暑さで知られる盆地の甲州の温泉に
一泊で行ってまいりました。
予約した時は、温泉で骨休めのつもりだったのですが、
気温40度は骨休めにはならなかった。
暑さにうだる消耗の小旅行になりました。
駐車した車に乗り込む時が、もう大変。
それでも甲府の奥地・昇仙峡はひんやり冷たい空気。
消耗はしても、旅行はいいものです。



7/15日曜日
東京新聞の今日の朝刊の「本音のコラム」は山口二郎さんでした。
「耐えられない軽さ」という題のコラム。、
「西日本を襲った大水害は、我が国の政治の底知れぬ堕落をも
 あぶり出している」という書き出しの文に心から共感しました。
大災害警報の中、自民亭の宴会を催したことを反省するのではなく、
SNSなどで発信したことに反省をした政治家たち。
安部さんの最大関心事は三選で、そのための酒宴参加。
外遊をなかなか断念しなかった。
虚偽・捏造の内閣は国民の生命に対する責任感まで捨て去った。
「このことに国民が怒らないなら、危機感を持たないなら、
 日本は安倍政権もろとも滅びの道を進むしかない。」と述べていました。
先日、ネット通販で「安部 NO!」のTシャツでデザインのいいのは無いかしら
と探していたら、娘が画面を覗き込んで「そんなの着ないで」と言いました。
家族という一番近い同胞の説得から始めなければならない!
いかに「革命」がエネルギーを必要とすることかが分かります。
「この政治に緊急警報を鳴らすべき時である」と山口さんは結んでいるけれど、
どのように?と呆然自失です。



7/15日曜日
20歳代のころ、結婚と同時に武蔵野美術大学の通信の学生になりました。
暑くなると、夏のスクーリングを思い出します。
月曜から土曜まで朝9時から午後4時までお昼休みを挟んでみっちりの実技。
エアコン無し。(今はさすがにエアコンあるらしい)
これが7月の中旬から8月末まで。
裸婦の授業の時は窓も締め切る。
涼は真ん中に立つ氷柱一本。
トイレの時、汗で張り付いた下着を下すのがたいへんだった(笑)。
画材が鉛筆や絵の具の時はまだよかったのですが、
木炭の時、汗拭きもままならずでした。

しかし暑いです。
昨日は定例の歯医者さん。
健康診断をしていただきます。わたしの場合、
ほぼ合格の優等生なので通うスパンは長くてもいい。
夫は歯ぐきから血が出るので3か月スパン。
なるべくなら歯は削らない方がいいというお考えの先生で
現状を大切になさる。
そして啓蒙運動と歯ブラシ指導に終始される。
ハイシャはハカイシャですからなんておっしゃる。
通い始めて30年以上。
もっと早くからここにお世話になっていたら、
もっと歯の状態が良かったであろうなぁ・・と思うけれど、
30年前から通えていて幸運でした。




7/13金曜日
今日はわたしにとって素敵なハナキンです。
家族が夕飯を外で食べる。(夕飯の支度無し)
早速夕方某所に出かけました。
今回は初フリータイムにしてみました。
いつも1時間半ほどなので、時間の無駄をしないように
なんとなく焦ります。今回は余裕の3時間強。
さぞゆったり楽しいかと思いきや、案外ダレる。
時間の制約があった方が熱心になる。
こういうものなのですね。
結論!「フリータイムはやめとこ」でした。

こんなことを書きながら、ふと後ろめたさを感じます。
あの災害。この暑さ。




7/11水曜日
昨日ちょっとした新しい試みがうまく行ったバッグです。
気をよくして、違う革・違う色を同じデザインで作り始めました。
革違い・色違いでうまく行くとは限らないのがバッグの面白いところです。
少しハラハラします。
少しハラハラのストレスがモノつくりの励みです。



7/10火曜日
蒸し暑いです。
28度設定でエアコンをつけています。
つい西日本の大災害でつらい思いをしている人のことを考えます。
311の時のように寒いのもつらいけれど
酷暑の被災はさぞ・・・と思います。
この災害、普通じゃない!と感じています。
50年に一度とか100年に一度とかの災害が多すぎます。
実は、「陰謀論者」と揶揄されるので母以外の人には
しゃべらないようにしているのですが、
先日のMORISさんの個展でお会いしたSさんとは
妙に「そのあたり」で意気投合してしまいました。
小さな声で意気投合。
お互いの孤独(笑)を慰め合いました。
実に楽しかったのです。
そのSさんはおばあ様の代からの歌舞伎ファン。
わたしも祖母・母が歌舞伎ファンだったので若いころは
よく祖母に付き合いました。
似た境遇でそのあたりも意気投合した理由なのですが。
近かったら、ときどき「しゃべくり会」を開きたいほどです。
それにしても、この国とこの国に住む人を幸せにしたいとは
コンマ1ミリも考えていないトップを持つこの国の不幸。
遠い空を眺めつつ、プーチンさんとトランプさん(世界の戦争屋の政敵)
が暗殺されないように祈ります。

今日、小さなことでちょっと幸せでした。
仕上がったバッグが、ちょっと良かった。



7/8日曜日
西日本の雨の大被害で多くのテレビ番組がニュースに取って代わりました。
それくらいひどい災害です。
サンデーモーニングで姜尚中さんも言っていたけれど、
こんな被害のなか安部さんは外遊に出かけるのでしょうか。
それも国会の会期中に。
町のインフラをズタズタにされ、家を泥水まみれにされ、家族を失った人のうち
自力で元の生活に戻れる人はどのくらいの割合なのでしょうか。
外遊に数億円、その他海外バラマキにどれほどの税金を投入するのか・・・。
外遊好きな安部夫妻です。
日本ファーストでお願いしたい。

我が地方は申し訳ないほど、そこそこいいお天気でした。
夕方散歩に出ました。
サヤサヤソヨソヨ 風にそよぐイネ科の雑草の爽やかさ!目にご馳走でした。
蒸し暑い!夕飯はサッパリ系でした。




7/7土曜日
雨の被害がひどかったこととINGで執行された7名もの死刑の
ニュースに重い日になった昨日でした。
オウムは闇に包まれた奥がまだ解明されていないのに・・・。
たった今 千葉震源の地震がありました。
夷隅にお住いのKさんは大丈夫でしょうか。
今日は、買いたい材料があったので江戸川区まではるばる行ってきました。
買い物だけではもったいなくて、足を延ばして
柴又帝釈天まで行くバスに乗りました。
人生初の帝釈天。
門前のお店は想像したより情緒が残っていました。
本日の江戸川区は都内ミニ旅行みたいで楽しかったです。
そうそう、帝釈天帰りのバスは乗客のほぼ90%が7・80歳代以上の
高齢者。
前期高齢者のわたしは席を譲ったけれど
どのかたに譲ろうか人選に迷ってしまいました。
バスの中は、未来予想図でした。



7/5木曜日
東京医大に便宜を図った文科省の官僚が
見返りに息子を裏口入学させてもらって逮捕されたという
ニュースがありました。
このニュースでまず感じたのは「ずるいね」だったけれど
すぐ思い返しました。
この程度(相当悪いことだけれど)で逮捕なら、
もっと大物の逮捕者がゴーッゾリいるはずでしょ!と。
安部さんのお友達なら逮捕状が出ていても逮捕されない。
法的に許されないことをしてもそれが忖度なら、
逮捕どころか、より高いポストが用意される。
「逮捕された文科省官僚は安部さんにとって都合の悪い意見を
持っていたんじゃないの?」と今朝の夫の見解です。
このごろ夫の「読み」も深くなりました。

前置きはこのくらいにして・・。
本日、賑やかな一日でした。
午前中はmさんと二子玉BILLSでブランチ。約3時間。
BILLSのおいしい朝食プレートでした。
そのあと、駒沢大学前のIOGへ。
しょうぶ学園の展示会です。
少々出遅れ気味でしたが、トートバッグとTシャツをゲットできました。
大橋さん、田中さん、竹崎さん、勝屋さんとお会いできて楽しい
お買い物でした。
そのあと大橋さん以外の3名と表参道のDEE`Sへ。
DEE`Sでよく個展をなさる作家さんたちの合同展。
流れで行ったのですが、行けてよかった!ディーズホール。
そのあとわたし以外の3名はお茶に行ったけれど、
歌レッスンが控えていたので泣く泣くさよならしました。
一万歩ほども歩いてかなり疲労していた割に
声の出はよかったです♪。




7/4水曜日
「お暑い盛りです」という決め台詞のある落語「船徳」。
本日、作業をしながら聞き比べておりました。
まずは文楽。次に志ん朝、志ん生、小さん、小三治、馬生。
聴きも聴いたり6師匠。
どの噺家も味わい深かったです。が、
やはり、不動のポジションは桂文楽です。
2度聴きした噺家は小三治でした。
特別に面白い 笑っちゃう 巧い!
あの動画の小三治師匠は多分50歳代。
よかったなぁあの頃の小三治さん。
「まくら」も実に活発だったのです。



7/3火曜日
夫は午前3時起き。娘は午前4時起き。
だったそうです。
わたしはぐっすりでした。
mさんは、真夜中に隣家の悲鳴で目が覚めたそうです。
「事件?」かと思ったそうです。
日本は想像より強かった。
終わってしまいましたね。サッカー。



7/2月曜日
まだ7月のあたま。
まだエアコンを使いたくない気分。
ひとりの昼間は特に。
今作っているバッグはひたすら根気を要求します。
ほぼ、我慢会のような午後でした。
聞いていたネットで知ったのですが、
韓国のムンジェイン大統領はトルストイやドストエフスキーを読んで
ロシアに恋をしたと会談したプーチン大統領に語ったとか。
これでこそ トップ同士の交流というものです。
トップの素養です。
我がトップに、、文学の会話など望むべくも無く、、、(あぁ)
「寿司ネタ」くらいがせいぜいか・・・。




7/1日曜日
今年も早くも後半に突入ですね。
夏至を過ぎ、もう日も短くなりつつあるわけで、
アァ!なんという月日の速さかな!です。
それにしてもの梅雨明け10日のピーカンか・・・。
空がクリアで、日差しを浴びた緑はピカピカです。
今日は、体のメンテナンスに鍼灸院に行ってきました。
昨日は、以心伝心で中野の古今亭文菊に行きませんか?と
意気投合したyさんと中野芸能小劇場に行ってきました。
独演会はたっぷり2席の演目。
なんと!どうしても文菊で聴きたいと願っていた
「船徳」をやってくれました。
待っていた夏の噺です。
30歳代であの船徳は素晴らしい(えらそーに言う)。
文楽や志ん朝で聴き込んだ「寝床」「明烏」「船徳」です。
古典は聴き比べが楽しい!!












2018/06
2018/05

2018/04
2018/03
2018/02
2018/01
2017/12
2017/11
2017/10

2017/09
2017/08
2017/07
2017/06
2017/05
2017/04
2017/03
2017/02
2017/01
2016/12
2016/11
2016/10
2016/09
2016/08
2016/07
2016/06