ときどきメモ

Instagram


10/14木曜日
今朝、可燃ごみを出すために玄関の外に出て
かがんだ拍子に上から首筋に何かが落ちてきました。
ちょっと重みがあって、昆虫や木切れではない何か。
ギャッと手で払った何かはヤモリだった。
タタキに落ちた黄色がかった灰色ボディは10㎝以上。
すぐに家の中に入り、ブルブルガタガタしながら
ヤダヤダ言いっぱなしでした。
気持ち悪かった~~~。
玄関の天井を歩いていて物音にビックリして
落下しちゃったマヌケクンだったのかもしれないけど
こちらは イイ迷惑でした。
この際、良い予兆と思うことにしましょう。

明後日は神戸MORISさんの個展初日。
個展は慣れてるはずなのに すでに胸がいっぱい緊張感。



10/12火曜日
車椅子用のバッグを作らせていただいた天畠大輔さんが
本日NHK Eテレ午後8時「ハートネットTV」の
中心人物として出演します。
彼は14歳の時に医療事故で重い障がい者になった人。
彼のお母さんマキコさん(友人)は、行動力と
積極性と明るさが尋常ではない人。
よかったらご覧になってください。



10/11月曜日
想定外に暑い毎日です。
個展の追い込みと準備で「何を着て行こう」を
ナイガシロにしておりました。
ウールでいいでしょ。
と思っていたら この暑さ。
着るものは季節を先駆けてこそ粋というもの・・だけど、
さてどうしよう・・・服が無い。



10/10日曜日
今月25日の国立演芸場の国立名人会に行くつもりで
チケット売り出し初日にアクセスしたら
既に売り切れでした。
小三治師匠が出る会でした。
小三治師匠がお亡くなりになりました。
今月2日まで高座に上がっていたとネットに在りました。
見事な噺家人生でした。
あのホッコリ嬉しくなる高座はもうライブでは
味わえないのかと思うと淋しいです。
もしかすると独演会に行った回数は
小三治が一番かもしれません。
とてもさみしい。



10/9土曜日
個展の前は、コマゴマとした雑用があります。
今日も朝から個展の準備をしていたので
夕飯はつくるのが億劫になり
近所の呑み屋さんに出掛けました。
緊急事態の時は、テイクアウトでよく利用した
男子一人で切り盛りしている呑み屋さん。
(今はテイクアウトはやっていません)
建物は古く狭いのですが、かかっている音楽もいいし、
料理が美味しかったからか 久しぶりに夫婦の会話が
弾みました。
あまり会話のない夫婦なのに、珍しい。
暑くもなく 寒くもなく、いい夜です。



10/8金曜日
昨日はビックリ飛び起きました。
真夜中の地震かと思ったら、10時40分ごろ。
震度4。
我が家に被害は無かったけれど地震は怖い。
さてさて来週の今頃は神戸の空の下。
飾り付けをしてホテルに戻りヤレヤレの頃。
こんな世の中なので申し訳ないのですが
初日だけ予約制です。
恐縮しています。
ezura yoshimi 2021 | MORIS (moris4.com)



10/7木曜日
ベッドに横になったらそのまま寝てしまいそう
なほど疲れました。
症状からネットを繰り、自分で病気を見つけた母。
「絶対この病気」と確信を持って言っていました。
その病名がなんとも怖い。
今日は朝から、弟と3人で母の病院付き添いでした。
あっちの検査こっちの検査、待たされる待たされる一日仕事。
結果、母が決めつけていた病気ではないことが分かりました。
張り詰めていた気持ちがヘナヘナ。
よかった!!
昨年12月の個展の時も、直前に夫が足首骨折して
ハラハラでした。
試練なんか もう要らないと思うけど、
歳と共に試練は付いて回りそう。
小さな試練は、案外生きるための燃料になると思うけど
ほどほどで願いたい。



10/6水曜日
2018年12月の個展以降、出来上がったバッグの撮影は
わたし自身がスマホで気ままに撮っています。
それ以前の個展直前は、夫の休日に「すいませんが」と
頼んでいました。
大げさに三脚やレフ版も用意して、もちろん
夫の大事な一眼レフで。
部屋をスタジオらしい暗さにして、つぎつぎ段取りよく
バッグを出し入れして、夫カメラマンの周りで
コマゴマと助手をするのはひと仕事でした。
黒いバッグは素人カメラマンには難しいらしく
シルエットのように黒くつぶれた写真ばかり多かった。
ところがです!あの苦労はいったい何だった!?と思えるほど
スマホの写真はこんなわたしでも、
iPhone13でなくても、うまく撮れます。
ほんと!実に素晴らしい時代になりました。



10/5火曜日
去年の3月始めに歌の先生が引っ越されて
レッスンが強制終了になって以来、歌とは無縁です。
先生が引越しをしなければマスクをしながらでも
続けていたかった。
大声出したい願望が強いです。
今、もしかして行けるか?とソワソワしているのが
一人カラオケ。
個展が終わったら、
もし感染者がこのくらいで推移していたら、
行って、思いっきり大声を出してみたいです。



10/4月曜日
内閣人事が決まったと同時に衆院選がグンと
早まりました。
ご祝儀相場の冷めないうちにやってしまおう
ということなんでしょうね。
人事についてはよく分からないけど、
オリパラ担当大臣は丸川さんに留年して欲しかった。
金銭収支の国民へ報告は担当だった人がするへし!です。
考えられないくらいのズサンさだったオリンピックは
なんと4兆円!も使ったのでした。

来週後半はいよいよ神戸。
落ち着かない日々です。



10/3日曜日
カラリと気持ちの良い季節。
夕方 数日ぶりに近所にお使いに出たら、
何だか街の空気が違う。
緊急事態が解けてホッと和んでいるよう。
大きなスーパーはオレンジのカボチャのイルミネーションが
植え込みにゴロンゴロンいっぱい飾られて、
通りすがりの呑み屋さんにも活気がありました。
テレビのコロナ感染者数を見て、夫もわたしも同意見でした。
「今が底かなぁ・・・」・・そうじゃないといいけれど。



10/2土曜日
台風一過の上天気。
個展を控えているのでいろいろやる事が多くなりました。
それでも夜は気分転換の映画です。
本日の一本は「バグダッドカフェ」。
観よう観ようと思っていて観ていなかった。
砂漠の街道沿い、寂れたガソリンスタンド、モーテル
併設のカフェが舞台。
素敵なアングルから幸先よく始まって、音楽が良い。
あのテーマ曲は耳に残ります。
カフェの男の子の弾くピアノ練習曲もわたしがその昔
苦労して練習した曲が多くて懐かしかった。
そして、アラ!このお顔は確か、大昔たくさん見たお顔!
とビデオを見ながらスマホでバグダッドカフェのWikipediaを
みたら、そうでした!!ジャック・パランス!でした。
お懐かしや!この個性の強いお顔は父に連れられて行った映画で
よくお見掛けしたのです。
映画って楽しい。



10/1金曜日

伊豆諸島や千葉は台風模様だったみたいだけれど
こちらは雨だけの一日でした。
ひさびさにチコチャンに叱られるを見て「へぇ」と
思ったのは「ウザイ」の出どころ。
ウザイの元々の言い方「うざったい」は
八王子弁だったのでした。
八王子出身の母は、わたしが子供の頃
八王子弁(他にもいろいろあった)を使うと
「そんな汚い言葉づかいはやめなさい」と
嫌がったものでした。
本日 夜の一本は小津安二郎の「お茶漬けの味」。
佐分利信 演ずる夫が良いこと良いこと。
包容力があって、頭が良くて、優しくて、男らしい。
夫の理想像。
ホッとする映画でした。





























2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05
2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09