ときどきメモ

Instagram


11/27土曜日
今日の夕刊に怖い記事が。
オミクロンという名の新しい変異株。
かなりの感染力らしい。
もう香港に来ているらしい。
いま日本は低い感染者で推移しているけれど
日本のゆる~い検疫をすり抜けて
大寒の頃、爆発するかもしれません。
せっかく世の中が明るくなってきたというのに。
あのピリピリ気分がまた来るかと思うと辛い。
今のうちに一回ぐらい一人カラオケしとこうか。
さて今晩の一本は、ゴダールの「女は女である」
を選びました。
アンナ・カリーナのチャーミングなこと!!
あんなアパートに住んでみたい。
あの作風は日本の若い監督をすごく刺激したんだろうな
と思わせる 楽しく洒落た1961年の映画でした。
ジャンヌ・モローが端役でチラリ現れたりします。



11/25木曜日
数日前、わたしだったら知っている案件かな と思われてか
高橋みどりさんからメールが来ました。
知っていることを答えたついでに
少しメールのやりとりをしました。
都会派で、カタカナ仕事がバッチリ似合う彼女が
スタイリストを卒業していよいよ黒磯の人になります。
メールの言葉からもワクワク感が伝わってきました。
キッパリ 第二の人生を設計できる暮しが 羨ましい。
彼女との接点は、最初の東京での個展(青山のfudoki)を
していた時、撮影に使う器をfudokiに借りに来たついでに
わたしの展示を見てくださった。
そのとき「歩さんが好きかもしれない」と言ってくださり
翌日、大橋歩さんが個展に来て下さった。
あの時はみどりさんがキューピッドに思えました。
しばらくして、わたしの本のスタイリングをしてくださった。
彼女が居なかったら、ああいう本にはなっていなかったと
思うと、やっぱり本作りでもキューピッドだったなぁと
今更ながら感謝しています。
あの時、fudokiでみどりさんと会えていなかったら、
その後の展開は無かったか・・・。
運が良かったとしか思えません。



11/24水曜日
用件があるとLINEで こと済ませていましたが、
久しぶりに電話をしたら、お互いにしゃべりたいことが
溜まっていたのか しゃべるしゃべる、一時間以上。
楽しかったぁ!!
相手は従妹のyちゃん。
彼女はジャズボーカルのレッスンも再開して、
俳句の会にも参加して、人生謳歌している様子。
こんな年齢になっても 地味にバッグを作りながら
実家通いをしている身には、何とも羨ましい従妹の
境遇でした。



11/23火曜日
本当に久しぶりに娘と買い物で新宿へ。
ルミネと伊勢丹を行ったり来たり。
コロナが落ち着いていてくれるので
比較的 人混みが怖くないのが幸いですが、
一人だったらこんな祝日に行かないかな。



11/22月曜日 
昨日はわたし達 夫婦にとって
すごーく嬉しい日になりました。
娘の彼が結婚させてくださいと挨拶をしに
来てくれたのです。
こんな日が来るなんて。
しみじみと嬉しくありがたい。
一緒に夕飯を食べて、たくさんおしゃべりして、
11月21日が、わたし達夫婦の嬉しい記念日になりました。
今週、娘は遅い夏休みを取っているので、今日、
わたしの実家に一緒に報告に行きました。
母が目に見えてイキイキ元気になるのが分かりました。



11/20土曜日
本日の一本は「グロリア」という映画。
主人公のグロリアがスカッとカッコよかったです。
子連れの逃亡者なのにきれいにお化粧して
ハイヒール履いて、立派なんです。
全然話は変わりますが今朝新聞を読んでいたら、
都立東京港野鳥公園に竹の花が咲き
来園者を楽しませていると
写真付きの記事がありました。
ゾ~~ッとしました。
竹の花はいい思い出が無い。
昔の我が家は父が設計した平屋で、
陽当たりをよくするために中庭があり、
植木屋さんに頼んで父が竹を植えました。
9年ほど経った頃、地味な花が咲いて、
その年の秋、父は亡くなりました。
ときどき遊びに行っていた
広いお庭の家の竹に花が咲き、
そこのご主人が奥さんに「俺、今年死ぬな」と
言って、その年に亡くなったと
あとから聞きました。
迷信だろうけれど、竹の花は怖い。
東京に何も無ければいいけれど。



11/19金曜日
昨日 母が退院して、本日はケアマネージャーさんが
中心になって、ケアプランを立ててくださり
その会合で午前中から実家でした。
母の帯状疱疹の足はまだ痛いけれど
病院でのリハビリや栄養が良かったせいか
思ったより体は退化していませんでした。
何より頭が退化していなかったのが ありがたい。
今まで出来なかったおしゃべりをたくさんして
何日分かの野菜スープを作り、あとは弟に任せて
帰ってきました。
母をお世話することは、かつて娘を育てながら
バッグを作ってきたことと さして変わらない。
目の前にやりたいことが有って、
邁進する情熱がある。
それが何よりありがたいです。



11/18木曜日
いただいたDMに手書きのコメントが有ったりすると
少しだけ距離が縮まって、しっかり見たりします。
今日届いたスッキリしたデザインのDMに
「ぜひお越しください 古川」と手書き文字がありました。
憶えが無いお名前。どなただったか・・・と
しばらく考えても思い出せなくて。
「お越しください って、いったいどこなのかしら?」と
DMをよく見たら、なんと北海道根室市のBURANNというギャラリー。
笑っちゃうほど遠かった。
ネットで見たら、とても素敵そう。
フットワーク軽くどこでも行ってみたい。
お越しくださいと誘われるのは嬉しいものです。



11/17水曜日
中高時代のランチ会の一人のご主人の足の
浮腫みが気になって病院に行ったら、
すでに末期のガンだったというビックリするような
お知らせを受けたのが先月の初旬。
今日「今朝 旅立ちました」とLINEが来ました。
彼女の落胆を思うと
すぐにLINEを返せませんでした。
そんな年齢になってしまったのですねぇ。
歳を取ることは、悲しいことに対面することが
多くなるということなんですねぇ。



11/16火曜日
またマキコさんがカンパーニュを焼いて送ってくれました。
このカンパーニュは、今年亡くなった料理研究家が37年間
大事に育てた自然酵母を譲り受けたマキコさんが
丹精込めて焼いてくれたパン。
粉も焼き方ももちろんだけれど、やはりこの美味しさは
37年物の自然酵母が醸しているのだろうなぁ。
美味しさに滋味がある。
パンについて たくさん知っている訳ではないけれど
カンパーニュの一番はマキコさんの。
バゲットの一番はヴィロンの。
食パンの一番は人舟の。
これに決まりだな。



11/15月曜日
三日ぶりの実家の近くのイチョウ並木は、
一段と黄葉が進み、陽に映えてとてもきれい。
今日の実家の作業は、母が貯めに貯めた防災備蓄の
期限切れの食品の廃棄。
2リットルの水が6本入ったケースを
勿体ないけど捨てましたが、捨てて後始末するのに
2時間ほど掛かりました。凄い量でした。
そのあとはやはり期限切れの缶詰の処分、
中身を掻き出し、缶をきれいにして分別。
勿体なくて むなしい作業でした。
母はわたしのことを「捨て魔」と呼びますが、
母は戦争をくぐって来た人なので
捨てるのが本当に嫌いです。



11/14日曜日
今日もよく晴れました。
落ち葉を踏みしめながら 散歩を楽しみたかったけれど
一日バッグの作業をしていました。
暗くなってから買い物に出て空を眺めたら、
今日も 月と 輝く星が二個。
西の低いところのは金星。
もう一つが 木星か土星か見分けがつきません。
寒くなると俄然 星が楽しい。
久しぶりにプラネタリウムに行ってみたくなりました。
昨晩は、you tubeで歌の練習をしていました。
(家族が居るのでヒソヒソ声)
昨晩練習したのは、五輪真弓「恋人よ」。
季節がら「枯れ葉散る夕暮れは」の冒頭の歌詞から
歌の世界に引き込まれます。
いろいろな人が歌っているけど
やはりご本家がスコブル!です。
「♪この別れ話が 冗談だよ と笑って欲しい♪」
の歌詞の切なさと言ったら!!
思わずウルっとしてしまいます。



11/12金曜日
本日の夕食後の一本は「たちあがる女」。
アイスランドの映画。
内容は環境問題。
見る気のしない匂いプンプンだったけど
見始めたら とても面白い。
ハラハラドキドキのサスペンスでありながら、
どことなく可笑しみがあって、
ヒューマンテイスト。
また、音楽の扱いが実に素晴らしい。
アイスランドの大自然の中で演奏する素朴な楽隊は
昔のサントリーの優れたコマーシャルを
彷彿とさせて、ヴィジュアルもなかなか。
‘拾いモノ‘みたいな映画でした。



11/11木曜日
友人の結婚式が立て続けてある娘は
同じ服で出るのも気が引けるらしい。
今週末の結婚式に出る服を一緒に見て と
言うので、仕事が終わってからルミネに
付き合いました。
こんなに差し迫って急に見つけたって
良い服が見つかるわけがない。
それでもいつもの年なら、年末年始用に
ドレスは豊富に揃っているはず。
なのに全然売っていない。
パーティ服が本当に少ない。
これもコロナの影響なんでしょう。
人の集まりが少なくて
売れないのかもしれません。
娘は手ぶらの家路でした。



11/10水曜日
この頃、午前中にバッグの作業をして
午後は実家に通っています。
実家の近所はイチョウ並木。
青空にイチョウがとっても映えています。
黄葉はまだ半分ほど。
歩道は踏まれた銀杏の臭いがきつい。
今 母は帯状疱疹が足の甲と裏に出て入院中。
だいぶ治ってきて、歩くリハビリを受けています。
痛みは軽くなったとはいえまだ痛いみたいです。
母の居ないうちにと掃除+断捨離をしています。
やってもやってもきりがない。
毎回ごみがワンサカ出ます。
母に会いに行けないけど、LINEがあるので
毎日会話をしています。
LINEが無かったらと 思うとゾッとします。



11/9火曜日
下げ止まったのかなぁ。
このままがいいなぁ。
と思っていたら、プラスモードに入ってしまったか。
今日の東京は先週の同じ曜日より12人増えました。
外国人は入って来るし、GO TOももしかして・・・。
増えるときはジワリジワリでなく
ブワッと爆発する。
考えると、気分が落ち込みます。
気分転換にmorisの今日子さんに教えてもらった
神戸R不動産のHPで物件トリップでも いたしましょ。
バラエティ豊かで楽しいですよ!



11/8月曜日
晴れて気持ちの良い日が続いています。
ここで急に落ち葉が増えました。
よく乾いた落ち葉溜まりをわざと踏むと
小さな音をたてて粉々になります。
晴れた晩秋のお楽しみ。



11/7日曜日
数日前からまた革の作業を始めました。
10月は雑用が多くて休んだような 休まなかったような
一か月でした。
気に入った革を前に作業を始めると
やっぱりバッグ作りが好きなんだなぁと再認識します。
楽しい。

そしてこの頃よく見るネットにある手相の解説。
年齢も年齢なので手のひらにシワも多いから
何とも言えないのだろうけど、
「これがあったらラッキー」なんていう解説だけ
ピックアップして見るようにしています。
いい線いってる線が結構あります。
運がいいのはそのせいかもしれません。
と思うようにしています。



11/5金曜日
我が家には
もう37・8年も使っている 黒田光線治療器という
不格好な治療器具があります。
使わないことも多かったけれど、
体の不調があるときはお世話になって来ました。
ここの本部は新宿に診療所を持っていて、
あまり行ったことはないけれど、最近
骨密度や自律神経の測定をしていることが分かりました。
思い立ったが吉日で 今日測定に行ってきました。
骨密度は年よりほんの少し若いだけで
自律神経は少々アンバランス。
もう少し健康に気をつかわなくては・・・と
思える結果でした。
行ってよかったです。
大江戸線のお隣り駅に備後屋があるので
少し足を延ばしました。
諸国民芸の宝庫のお店。
帰りに、もう一軒、皮膚科に行って、
このデキモノは何か、
ウイルス性のイボなのか、何なのか、
診断してもらいました。
湿疹でした。
そうそう、ちょうどお昼ごろだったので
備後屋に入る前に食べる所を探して
ウロウロしていたら備後屋の近くに
「さかな処 まる天」という店がありました。
恐る恐る店を覗き、一人ですと言ったら
どこでもどうぞ と言われたのでカウンターに座り、
かんぱちの塩焼き定食を頼んだら、
美味しい!!
次回、ここの他のメニュー、鯛めしに挑戦したくなりました。
数か月後に、自律神経検査に再挑戦したいから
光線診療所・備後屋・まる天を
ワンセットにしようかと思います。



11/4木曜日
ここ数日、まことに麗しいお天気で、
まことに過ごし易い。
昨日は、夫がゼロ地場温泉に行ってみない?というので
厚木にある七沢温泉に行ってきました。
いい波動を浴びたせいか、体も気持ちもアップしたような
気がします。
そのあと寒川神社にお参りして帰ってきました。
昨日 文化の日は夫の誕生日。
近所のイタリアンで、娘の彼も誘って誕生会。
家族で、ひさびさに充実した時間を過ごしました。



11/2火曜日
近所のスーパーの出入り口には
体温感知ビデオが設置されています。
面白いことに、画像がだいぶ遅れて映ります。
前から見た自分の姿は大体知っていたけれど
歩く自分の後ろ姿をあまりチェック出来てなかった。
この頃、その遅く映る機能を利用して
人の出入りの少ない方の出入口で
自分の歩く後ろ姿をチェックしています。
いや~!後ろ姿は無防備でした。
こんなに年齢が出てる後ろ姿だったとは・・・!!
今更ですが、もう少しキリリと歩かなくちゃと
猛反省しています。



11/1 月曜日

結果にガックリ衆院選。
どうして立憲民主はこんなテイタラクだったのでしょうねぇ。
枝野さんが一番魅力的だったのは
背水の陣で立憲民主党をつくったときだったなぁ。
そのあとは「いったい どこ見てるん?」と思っていました。
こちらに響く質問をする辻元清美さんも落ちてしまった。
この責任は国民の心をガシッと掴まなかった枝野さんにあるなぁ・・。
ガックリ。






























2021/10
2021/09
2021/08
2021/07
2021/06
2021/05
2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10